Famous(フェイマス)のウスレレ FS-0の特徴は?徹底的に評価レビューしてみた!【業界最軽量のソプラノサイズウクレレ】

Famous FS-0

こんにちは!

ウクレレ好きブロガーのコバヤシです!!今年でウクレレをはじめて8年になります。

ところでみなさん!『ウスレレ』ってご存知ですか?

・・・そう!名前のとおり、「薄いウクレレ」です。

名前は聞いたことあるけど、実際にどんなものかよくわからない・・って方も多いのではないでしょうか?

というわけで、本記事では・・・

悩む人

・Famous(フェイマス)のウスレレ FS-0のサウンドや弾き心地はどんな感じ?

・軽くて持ち運びのしやすいウクレレを探している

 

といった方のために、Famous(フェイマス)のウスレレ FS-0」をキワヤ商会さんからお借りしたので、徹底的にレビューしてみました!

スペックやサウンド、弾き心地についても詳しく書いていきますので、これからウスレレの購入を検討している方の参考になれば幸いです。

それではさっそくいってみましょうー!!

本記事のレビューを書くにあたり、キワヤ商会さんから「Famous FS-0」をお借りしています。

今回の動画

今回の記事と同じ内容の動画をYouTubeで公開しています。

動画で内容をチェックしたい方はYouTubeへ、文字で読みたい方はこのまま記事を読み進めてください。

「Famous(フェイマス)のウスレレ FS-0」の外観やスペック

Famous FS-0

「Famous(フェイマス)のウスレレ FS-0」は、フェイマスの定番モデル「FS-1G」を少し小さくしてボディを薄くしたバージョンのモデルになります。

「FS-0」は「FS-1G」と同じく、マホガニー材を用いた温かみのあるサウンドと、抱えやすいサイズ感で子供からお年寄りまで人気の1本。

フェイマスの「FS-5G」と比べると、かなりボディが薄いことがわかります↓(画像、上がウスレレ)

スケールは普通のソプラノウクレレと同じなんですが、ヘッド部分が少し小さくなっているのでソプラノウクレレよりも若干小さくなっています↓

ちなみに本体の重量は322gでした↓

通常のソプラノウクレレ(ギアペグ)が約400gということを考えると、だいぶ軽いですね。

実際「Famous FS-0」はソプラノサイズの中で業界最軽量だそうです。

ウクレレのスペックは以下のとおり。

サイズソプラノサイズ(薄型)
ボディマホガニー合板
ネックマホガニー
指板ウォールナット(12Fジョイント/15F)
ブリッジウォールナット
ペグFamous オリジナルギアペグ F-1
搭載弦Famous Aranjuez Marron弦(9月頃、仕様変更予定)
全長約545mm
スケール約350mm
ナット幅約35mm

※ソフトケースが付属します。

オリジナルペグの画像↓

ブリッジの画像↓

「Famous FS-0」の演奏動画


「Famous(フェイマス)のウスレレ FS-0」の評価レビュー

それでは、具体的に「Famous(フェイマス)のウスレレ FS-0」をレビューしていきます。

最初に筆者が感じたポイントをまとめると、以下のとおり。

ポイント
  1. 重量わずか322g!とにかく軽くて、抱えやすい
  2. ボディの薄さからは考えられないほど、よく鳴りよく響く
  3. 旅行やキャンプなど、持ち運び専用として持っておくと◎
以上、3点が筆者が感じたポイントになります。

ひとつひとつ解説していきますねー

ポイント①重量わずか322g!とにかく軽くて、抱えやすい

ウスレレ最大の長所は、やっぱり『軽さ』です。

筆者は普段からソプラノウクレレを愛用しており、ウクレレの軽さには慣れている感じがありましたが、「Famous FS-0」を持った時、最初に口にした言葉が「・・・軽っっ!!」でした(笑)

通常のソプラノウクレレと比べると、約80gほどウスレレのほうが軽くなります。

実際に持ってみると、80g違うだけで思った以上に軽く感じるな、という印象を受けました。

また、ボディの薄さもあってか、抱えた時のホールド感がすごく良かったです。

これなら長時間弾いていても、肩とか腕が疲れないので練習用としても◎。

小さい子供とか、お年寄りの方が弾くのにピッタリのウクレレだと思いました。

ちなみに弦高は12F下で約3cmほど↓弾きにくさは全然感じませんでした。

オクターブピッチもかなり安定していて、一番シャープしやすい3弦でもわずか20〜30セントくらいのズレしかありませんでした↓(チューニングの違和感は感じないレベルでした)

ポイント②ボディの薄さからは考えられないほど、よく鳴りよく響く

そして驚いたのがこのポイント②!

まずは、同じマホガニー材のソプラノウクレレ「ARIAのAU-1」と弾き比べしたので、下記動画をご覧ください。

どうですか?ボディの薄さを感じさせないぐらいしっかり鳴るし、音量も大きいですよね。

実は、この音鳴りには秘密があって・・・それが「トリプル・レイヤード・マホガニー」という、フェイマス独自の加工技術を使っているからです。

『トリプル・レイヤード』の特徴は大きく以下の3つ

  • 3層構造のため、扱いによる割れや経年劣化に強い
  • 材の有効活用と、にわかの使用など環境に配慮したつくり
  • コストパフォーマンスにすぐれている

引用:Famous商品紹介ページ

つまり、ボディをめっちゃ薄くして、かつ丈夫なウクレレ・・ということ。

これによって、ボディが薄くてもしっかり音が鳴る1本となっているらしいです。

最初は・・・ぶっちゃけ、「ボディが薄いから音もショボイんだろうなぁ」と思ってたんですが、全然違いました。

スミマセン・・。

出音も温かみがあってクリアなトーンだし、音量も確保されているので、ピックアップを付ければライブとかでも全然使える1本だと思います。

ポイント③旅行やキャンプなど、持ち運び専用として持っておくと良いかも

個人的には・・「すでにウクレレは持っているけど、持ち運び用として1本なにか欲しいな」って方に、かなりオススメできる1本かなと思います。

たとえば、「キャンプに行った時にみんなで何か歌いたい」とか「出張先でウクレレの練習をしたい」みたいな時に役立つウクレレだなぁと感じました。

持ち運び用のウクレレだとしても、弾きやすさとか音色は妥協したくないって人、たくさんいると思うんですよね。

アウトドア用で作られたウクレレも探すといろいろあるんですけど、やっぱり「Famous FS-0」に比べると、音が良くないです。

一般的には軽量で小さいウクレレほど、音がこもりがちになるし、チューニングも安定しにくくなります。

そういった意味では、「Famous FS-0」はメイン使いもできるし、持ち運び用としても使える絶妙なバランスの1本かなと。

本記事のまとめ

Famous(フェイマス)のウスレレ FS-0の特徴は?徹底的に評価レビューしました!」について書いた記事は以上になります。

さすがフェイマスブランドのウクレレだけあって、サウンド面や弾き心地は素晴らしい1本でした。

定価は¥24,000と入門用ウクレレの中では値がはりますが、本格的なサウンドを求めている方や、ちゃんと使える持ち運び用のウクレレを探しているって方は、ぜひチェックしてみてください。

また、ウクレレは弦楽器の中でも手軽にはじめられる楽器です。

「まだ弾いたことないぜ・・・」って方は、ぜひこの機会にチャレンジしてみてくださいねー!

初心者向けウクレレの弾き方ガイド」という記事も書いていますので、参考にしてみてください。

最後に・・・

当ブログである「kobalog」ではこんな感じで、音楽に関する情報を”楽しく・わかりやすく・役に立つ”をモットーに情報発信しています!

あなたの1フォローが、1記事更新する励みになります!!ぜひフォローをお願い致します。

【Amazonでウクレレをお得に買い物する方法】

Amazonで購入する場合は、事前のAmazonギフト券をチャージしておくのがオススメです。

現金をチャージしておけば、金額に応じて最大2.5%ものポイント還元がされるのです!これはすげぇ・・。

一般会員もお得ですが、Amazonプライム会員の方はさらにお得になります!

Amazonプライム会員は他にも、お急ぎ便が使えたり、映画が見れたりと、メリットしかないので絶対会員になっておきましょう。

・・・と、いうわけでどうせAmazonで買い物をするのであれば

先にギフト券をチャージする→そしてチャージしたポイントで買い物をする!

この手順で買い物をするのが間違いなくお得ですよ。

最大2.5%のポイント還元はすごすぎる・・・!わたしも使おっと!
コバヤシ
今なら初めてのチャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーン中だから、さらにお得ですよ!

Amazonギフト券のキャンペーンは下記ボタンからどうぞ