【レビュー】Famous(フェイマス)の定番ウクレレFS-1GとFS-5Gを弾き比べてみました!【マホガニーとハワイアンコアの音色の違いとは?】

こんにちは!

ウクレレ好きブロガーのコバヤシです!!

ウクレレを長年弾いていると、必ずと行っていいほど直面する問題があります。それが以下!

 

『マホガニーとハワイアンコアってどっちがいいんだろう?』

 

・・という問題です。

ウクレレ初心者定番のモデルである、フェイマスの「FS-1G」と「FS-5G」はその最たる例として人気のウクレレです。

木材によって出音が違うので最終的には好みの問題になると思いますが、読者の方にはマホガニーとハワイアンコアの音色の違いがよくわからない・・という方も多いはず!

というわけで、本記事では・・・

悩む人

・Famous(フェイマス)の定番ウクレレ「FS-1G」と「FS-5G」ってどう違うの?

・マホガニーとハワイアンコアでは、音や弾き心地は変わるの?

 

といった方のために、フェイマスウクレレの定番モデル「FS-1G」と「FS-5G」を弾き比べて徹底検証してみました!

スペックやサウンド、弾き心地についても詳しく書いていますので、フェイマスウクレレの購入を検討している方の参考になれば幸いです。

それではさっそくいってみましょうー!

本記事のレビューを書くにあたり、キワヤ商会さんから「FS-1G」と「FS-5G」をお借りしています。

Famous FS-1G(マホガニー)の外観やスペック

Famous FS-1G

ウクレレのスペックは以下のとおり

  • 全長:約545mm
  • サイズ:ソプラノ
  • ボディ:マホガニー合板
  • ネック:マホガニー
  • 指板:ウォールナット(12Fジョイント/15F)
  • ブリッジ:ウォールナット
  • ペグ:Famous オリジナルギアペグ
  • 初期状態弦:Famous Aranjuez Maroon弦
  • 付属品:ソフトケース

商品の紹介動画


Famous FS-5G(ハワイアンコア)の外観やスペック

Famous FS-5G

ウクレレのスペックは以下のとおり

  • 全長:545mm
  • サイズ:ソプラノ
  • ボディ:ハワイアンコア合板
  • ネック:マホガニー
  • 指板:ローズウッド(12Fジョイント/15F)
  • ブリッジ:ウォールナット
  • ペグ:Famous Aranjuez Marron弦
  • 付属品:ソフトケース

商品の紹介動画


フェイマス「FS-1G」と「FS-5G」を弾き比べて感じたこと

それでは、具体的に両者を弾き比べてレビューしていきます。

最初にポイントをまとめると、以下のとおり

ポイント

  1. 「FS-1G」は、素朴で優しい音色。「FS-5G」は明るく太い音色。
  2. 弾き心地は同じなので、選ぶべきは音が好みかどうか!
  3. 初心者の最初の1本としては十分すぎるスペックとサウンドを持ったウクレレ

以上3点が筆者が感じたポイントです。

ひとつひとつ解説していきます。

ポイント①「FS-1G」は、素朴で優しい音色。「FS-5G」は明るく太い音色。

下記動画にて、「FS-1G(マホガニー)」と「FS-5G(ハワイアンコア)」を弾き比べてみました!

両者の音の違いがわかるでしょうか?

動画で聞くより実際に手にとって弾いてみると、マホガニーとハワイアンコアでは、驚くほど音色と音量が違います。

音色について感じたこと印象は以下です!

  • マホガニー:素朴で優しく柔らかい音色。コア材に比べると音量は小さい。
  • ハワイアンコア:明るく太いきらびやかな音色。音量が大きい。スタンダードなウクレレサウンドを得たい人におすすめ

イメージとしてはこんな感じかなと思います。

「FS-1G(マホガニー)」に比べると、「FS-5G(ハワイアンコア)」のほうが、ひとつひとつの音が丸くてポーンと前に出る印象がありました。

ポイント②弾き心地は同じなので、選ぶべきは音色が好みかどうか!

弾き心地については、材質以外は変わらないので同じですね。

もし「FS-1G」と「FS-5G」でどちらを買うか悩んでいるなら、”音の好み”で選んでしまって問題ないでしょう。

音色についてはポイント①で紹介しているので聴いてみてほしいのですが、筆者としては以下の使い分けがオススメかなと。

  • FS-1G(マホガニー)→歌の弾き語り向き
  • FS-5G(ハワイアンコア)→ソロウクレレや合奏向き

私見ですが、マホガニーの主張しない優しい音色は歌の弾き語りにぴったりかと思います!

歌をジャマしない感じがしましたね〜。

逆にハワイアンコアは、一音一音が丸みがあって音量も大きいので、合奏で単音弾きをしたり、ソロウクレレのように”ウクレレの音を前に出したい”場合、とても相性が良い感じがしました!

・・・とはいえ、両方のモデルとも鳴りが良く音も良いので、「弾き語り」「ソロ」と、どちらでも十分使える1本かと思います。

あと補足として言っておくと、1万円以下で買えるウクレレに比べると、Famousレベルになると一気にサウンドやプレイアビリティの質があがります!

1万円以下でも、ARIAの「AU-1」やKIWAYAの「KSU-1」のように十分弾けるウクレレもあるんですが、ぶっちゃけFamousと比べちゃうと、「絶対にフェイマスが良い〜!!!!」ってなりますね(笑)

参考にしてみてください。

ポイント③初心者の最初の1本としては十分すぎるスペックとサウンドを持ったウクレレ

長い歴史と伝統のあるフェイマスブランドだけあって、ウクレレ初心者の1本としては申し分ないスペックを持ったウクレレだなと改めて感じることができました。

「ウクレレ=Famous」のイメージになるのもうなずけるなぁと。

音色の良さはもちろんですが、ピッチの安定感やチューニングの精度、あと弦高の高さが絶妙でかなり弾きやすいです。

予算3万円くらいでウクレレを始めたいと思っているなら、フェイマスを選んでおくのが絶対に間違いがなく無難だと思います!

ハワイのブランドも良いのですが、輸入する関係もあってか値段が高いんですよね・・(涙)

その点、国産ブランドはマジでコスパが抜群だと思います。

Famousuウクレレを弾いてみたい方は、キワヤ商会に足を運んでみるのもアリ!

実際にフェイマスのウクレレを弾いてみたい方は、Famousを自社ブランドとして展開している「キワヤ商会」に行ってみるのが良いでしょう。

「キワヤ商会」はウクレレの専門店なので、フェイマス以外にもカマカやコアロハ、ウクレレビルダーの作品まで、幅広いブランドのウクレレを試奏することができます。

ウクレレを買いたいけど、気になるブランドがありすぎる・・(困)って方は、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょう?

キワヤ商会の詳細は以下をタップして確認してみてください!

コバヤシ
今回の記事を書くにあたりキワヤ商会さんに行きましたが、めちゃくちゃ丁寧にいろんな質問に答えてくれましたよ!

本記事のまとめ

「Famous(フェイマス)の定番ウクレレ「FS-1G」と「FS-5G」を弾き比べてみました!」について書いた記事は以上になります。

フェイマスの「FS-1G」と「FS-5G」は、マホガニーとハワイアンコア材の超定番ウクレレです。

ふたつの音色の違いがわかることで、自分はマホガニー材が好みなのか?ハワイアンコア材が好みなのか?のイメージがつきやすくなると思います。

自分好みのウクレレが見つかると練習するのもきっと楽しくなりますよー!

それでは、楽しいウクレレライフを!

最後に・・・

当ブログである「kobalog」ではこんな感じで、音楽に関する情報を”楽しく・わかりやすく・役に立つ”をモットーに情報発信しています!

ウクレレ専門のYouTubeチャンネルも開設していますので、チャンネル登録もぜひよろしくお願いします。

【Amazonでウクレレをお得に買い物する方法】

Amazonで購入する場合は、事前のAmazonギフト券をチャージしておくのがオススメです。

現金をチャージしておけば、金額に応じて最大2.5%ものポイント還元がされるのです!これはすげぇ・・。

一般会員もお得ですが、Amazonプライム会員の方はさらにお得になります!

Amazonプライム会員は他にも、お急ぎ便が使えたり、映画が見れたりと、メリットしかないので絶対会員になっておきましょう。

・・・と、いうわけでどうせAmazonで買い物をするのであれば

先にギフト券をチャージする→そしてチャージしたポイントで買い物をする!

この手順で買い物をするのが間違いなくお得ですよ。

最大2.5%のポイント還元はすごすぎる・・・!わたしも使おっと!
コバヤシ
今なら初めてのチャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーン中だから、さらにお得だよ!

Amazonギフト券のキャンペーンは下記ボタンからどうぞ