ARIA(アリア) AU-1 ソプラノウクレレを評価レビュー!【結論:初心者に最もオススメな定番の安価ウクレレ】

Aria au-1 ウクレレ表面

こんにちは!

音楽ブロガーのコバヤシです!!

本記事では・・・

悩む人

・初心者でも弾きやすくて、安いウクレレって何があるんだろう?

・ARIA(アリア)AU-1 ソプラノウクレレって実際どんなウクレレなの?

 

といった方のために、ウクレレ歴8年の筆者が「ARIA(アリア)AU-1 ソプラノウクレレ」について徹底的に評価レビューしてみました。

結論から言ってしまうと、『ウクレレ初心者のデビューにぴったりの1本』・・です!

スペックやサウンド、弾き心地についても詳しく書いていますので、これからウクレレの購入を検討している方の参考になれば幸いです。

それではさっそくいってみましょうー!

ARIA(アリア)AU-1 ソプラノウクレレの外観やスペック

表面

Aria au-1 ウクレレ表面

裏面

Aria au-1 ウクレレ裏面

本体の重量は399gでした↓

Aria au-1 ウクレレ重量

ちなみに筆者の持っているiPhone11が約200gなので、スマホ2台分くらいの重量になります。

やっぱりソプラノサイズだけあって軽いですねー!

見た目は、非常にシンプルかつスタンダードなウクレレです。

つや消しされた塗装で、主張していない感じが良いですね。万人に好まれるルックスといった感じ。

出荷の際は、aquilaのナイロン弦が張られているので、届いてチューニングすればすぐ弾くことができますよ!

ちなみに筆者はAmazonで5,000円で購入しました。(安い!)

この価格は数あるソプラノウクレレの中でも、トップクラスに安いと思います。

ウクレレのスペックは以下のとおり。

サイズソプラノ
トップマホガニー
サイド・バックマホガニー
ネックナトー
ペグギアペグ
指板ローズウッド、12フレット
ブリッジローズウッド
付属品ソフトケース、保証書

 

付属品①ソフトケース

ソフトケース

シンプルなブラックカラーのソフトケースが付いてきます。

内部にクッション材などは入っていないので耐久性はほとんどないですが、持ち運ぶだけなら軽くて便利かと思います。

付属品②保証書

保証書

保証期間は1年間です。

もし初期不良(ペグが壊れていた、ボディに破損があるなど)があれば、交換もできるのでなくさずに保管しておきましょう。

ARIA(アリア)AU-1 ソプラノウクレレの評価レビュー

それでは、具体的に「ARIA(アリア)AU-1 ソプラノウクレレ」を評価レビューしていきます。

最初にポイントをまとめると、以下のとおり。

  • マホガニー材の甘く柔らかいサウンドが良い
  • この価格にしてはピッチも安定しており、弦高が高すぎず弾きやすい
  • 12フレットしかないのでソロウクレレには向かず

上記の3点が筆者が感じたポイントです。

ひとつひとつ解説していきます。

ポイント①マホガニー材の甘く柔らかいサウンドが良い

サウンドに関しては、下記動画にて弾いてみたので参考にしてみてください。

マホガニー材らしい軽やかで甘いサウンドが弾いていてすごく心地よかったです!

5,000円台とは思えないほど、しっかりした音が出ていますね。

一音一音が前に出る感じではないので、ウクレレでの弾き語りと相性の良い音色かなと感じました。

サウンドレビューは、出荷状態で張ってあるaquila弦で弾いています。

ポイント②この価格にしてはピッチも安定しており、弦高が高すぎず弾きやすい

下記写真が、1弦のオクターブチューニングを確認した写真になります。

開放弦でキーAに合わせて、12フレットを弾いてみると・・・↓

なんとわずか数セントしかピッチ(音程)のズレがありません!!

これってめちゃくちゃスゴイことなんですよね。

ウクレレというスケールが短い楽器の構造上、どうしてもピッチがシャープしてしまうんです。

とくにソプラノサイズは音程があいにくいのですが、「ARIA(アリア)AU-1 ソプラノウクレレ」は、ほとんど狂いがなくチューニングされています。

またギアペグを採用しているので、弦のチューニングがしやすく安定するという特徴もあります。

弦高に関しては12フレット上で約3mmの高さになっていました↓

ウクレレの弦高

ぶっちゃけ安価なウクレレだと、弦がビビらないように弦高をかなり高めで設定して出荷されているモノが多いです。

「ARIA(アリア)AU-1 ソプラノウクレレ」の3mmであれば、弦もビビらなく演奏性も確保できるギリギリの高さかなと思います。

普通に弾き語りする分には、まったく問題なしです。

このあたりは歴史あるギターメーカーのARIAならではの細かい配慮だなと感じましたね!

ポイント③12フレットしかないのでソロウクレレには向かず

コスパ以上のクオリティをもつ「ARIA(アリア)AU-1 ソプラノウクレレ」ですが、ひとつデメリットを挙げるならフレット数が少ないことでしょう。

12フレットが限界の高さなので、ハイフレットでのフレーズが多いソロウクレレには向かないかなと思いました。(あくまでも個人の意見ですが…)

もちろんソロウクレレが弾けないことはないですが、ソロ演奏をソプラノウクレレでやりたい方には、「Famous(フェイマス)FS-1」をオススメします。

「FS-1」であれば、同じマホガニー材で15フレットまで演奏できるので、ソロウクレレにもぴったりでしょう!

弾き語りがしたいのか?ソロウクレレがやりたいのか?によって、選ぶのが良いと思います。

ARIA(アリア)AU-1 ソプラノウクレレの購入をオススメしたい人

  • これからウクレレで弾き語りをはじめたいと思っている
  • 1万円以下で買えるウクレレを探している
  • チューニングがしやすくて弾きやすいウクレレはないかな?

上記にひとつでも当てはまる方は、「ARIA(アリア)AU-1 ソプラノウクレレ」をチェックすべきですね!

入門用のウクレレとしては間違いない1本かなと思いますので、「ARIA(アリア)AU-1 ソプラノウクレレ」を手にとって気軽にウクレレをはじめてみてほしいです。

”これからウクレレを始めてみたい!”という方に向けて、【完全保存版】ウクレレ好きが教える!誰でもわかる超簡単ウクレレの選び方・弾き方ガイドといった記事も書いていますので良ければ読んでみてください。

本記事のまとめ

ポイントまとめ

  • ウクレレ初心者の最初の1本には間違いなくオススメできる
  • 安価帯のウクレレの中では、ダントツでコスパが良い
  • チューニングやピッチ(音程)の安定感が素晴らしい

以上が「ARIA(アリア)AU-1 ソプラノウクレレ」のレビューでした。

昔から初心者入門用の定番ウクレレとしてロングセラーの1本でしたが、改めてそのクオリティを感じることができました。

「お値段以上」がこれほど似合う製品もなかなかないと思いますね(笑)

ウクレレは弦楽器の中でも、手軽に楽しく始められる楽器なので、この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょう?

本記事があなたの参考になれば幸いです。

最後に・・・

当ブログである「kobalog」ではこんな感じで、音楽に関する情報を”楽しく・わかりやすく・役に立つ”をモットーに情報発信しています!

Twitterでは、いろんな音楽ジャンルの中から、おすすめのアーティストや名盤アルバムについて紹介したり、役に立つ音楽情報を発信しています。

あなたの1フォローが、1記事更新する励みになります!!ぜひフォローをお願い致します。

【Amazonでお得に買い物する方法を紹介】

Amazonで購入する場合は、事前のAmazonギフト券をチャージしておくのがオススメです。

現金をチャージしておけば、金額に応じて最大2.5%ものポイント還元がされるのです!これはすげぇ・・。

一般会員もお得ですが、Amazonプライム会員の方はさらにお得になります!

Amazonプライム会員は他にも、お急ぎ便が使えたり、映画が見れたりと、メリットしかないので絶対会員になっておきましょう。

・・・と、いうわけでどうせAmazonで買い物をするのであれば

先にギフト券をチャージする→そしてチャージしたポイントで買い物をする!

この手順で買い物をするのが間違いなくお得ですよ。

最大2.5%のポイント還元はすごすぎる・・・!わたしも使おっと!
コバヤシ
今なら初めてのチャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーン中だから、さらにお得だよ!

Amazonギフト券のキャンペーンは下記ボタンからどうぞ