お洒落ギターフレーズ満載!おすすめのネオソウル・ギタリスト10選【インスタグラム要チェック】

エレキギターとエフェクター

こんにちは!

ギター好きブロガーのコバヤシです!!

昨今のギタリスト界隈で大きな注目を浴びている『ネオソウル・ギター』というジャンルをご存知でしょうか?

ネオソウルは80年〜90年代ごろに、ソウルとR&Bが組み合わさって生まれた音楽ジャンルのひとつと言われています。

音楽性も幅広く、『ネオソウル』と呼ばれる音楽を聴いてみると、ジャズやヒップヒップ、ファンクや電子音楽といった音楽からの影響を色濃く感じられるのも特徴です。

最近では、インスタグラムを中心に、お洒落なネオソウル・ギターの演奏動画をアップしているギタリスト数多く見られます。

というわけで、本記事では・・・

悩む人

・ネオソウル・ギターってどんな音楽なんだろう?

・人気のネオソウル・ギタリストを知りたい!

 

といった方のために、ギター音楽好きの筆者が『ネオソウル・ギター』の達人たちを10人紹介していこうと思います!

ネオソウル・ギターはSNSから火がつき始めたムーブメントです。

各ギタリストのおすすめ動画とアルバムのリンクも貼っておきますので、気に入ったギタリストがいたら、SNSやYouTubeでより詳しくチェックしてみてくださいね!

それではさっそくいってみましょう〜!

お洒落ギターフレーズ満載!おすすめのネオソウル・ギタリスト10選(前編)

エレキギターを弾く人

Tom Misch(トム・ミッシュ)

トム・ミッシュは、現代のネオソウルを牽引する代表的なアーティスト。

ネオソウル・ギターと聞くと真っ先に名前が挙がるギタリストだと思います。

ギタリストとしてだけでなく、自身でトラックを作ったり、歌ったりとコンポーザーとしても高い評価を得ています。

気だるい雰囲気の歌声と、愛用のストラトキャスター(ジョン・メイヤーモデル)から放たれるジャジーなサウンドはまさに絶品!

ネオソウル・ギターってなんだろう?という方は、まずトム・ミッシュから聴いてみるのがいいでしょう。

どのアルバムもカッコいいですが、デビューアルバム『Geography』は「ネオソウルギターの金字塔」とも言える名盤です。

インスタグラムアカウント:tommisch

Tom Misch – Movie(YouTube)

Mateus Asato(マテウス・アサト)

SNSを中心に爆発的な人気をほこるギタリスト。

エレキギター1本で、ここまで独自の世界観を作れるのはホントに凄すぎます・・。

浮遊感のあるギターやお洒落なフレーズを学びたい人は、絶対にチェックすべきでしょう。

ジョン・メイヤーやディ・アンジェロといったアーティストからの影響を公言しており、某雑誌のインタビューでは自身のことを『インディー・フュージョン・プレイヤー』とも言っていました(彼の演奏を聴くとなんとなく意味がわかる気がします)

インスタグラムに演奏動画をあげているので、彼をさらに知りたい方はフォロー必須です。

インスタグラムアカウント:mateusasato

Mateus Asato – Don’t Dream It’s Over(YouTube)

Isaiah Sharkey(アイザイア・シャーキー)

アイザイア・シャーキーは、ネオソウル・ギターを語る上で絶対に外せないキーマンのひとりです。

現代最高峰のネオソウル・ギタリストで間違いなしでしょう。

なんと、ジョン・メイヤーやディ・アンジェロのサポートギタリストを務めた経験もあるギターの名手。

何を弾いてもメチャクチャ上手いんですが、嫌味がまったくないんですよね。

ジャズやブルース&ソウル、そしてゴスペルといった音楽からの影響を公言しており、ギターはもちろん上手いんですが、歌唱もソウルフルでイイんですよねぇ〜。

『Love Is The Key』というアルバムでアイザイア・シャーキーの歌も聴けるのでぜひチェックしてほしいです。

インスタグラムアカウント:sharkey335

Isaiah Sharkey – Time(YouTube)

Steve Lacy(スティーヴ・レイシー)

ヒップホップバンド=The Internetの一員であり、プロデューサーも務める奇才、スティーヴ・レイシー。

ケンドリック・ラマーに楽曲提供したり、iPhoneのみで音楽制作をおこなっていたりと話題に欠かないギタリストです。

7thを取り入れたコードワークを中心に、ネオソウル的なビートを得意とする彼。

他のネオソウル・ギタリストに比べると、テクニカルなプレイは少ないですが、楽曲の屋台骨ともいえるバッキングはすばらしい。

はじめて聴いた時は、こういうギタリストの在り方でも良いんだ…。と感動しましたね。

インスタグラムアカウント:steve.lacy

Steve Lacy – Playground(YouTube)

Fkj

Fkjはトム・ミッシュとともに、ネオソウルシーンを牽引するマルチ・ミュージシャン。

ギタリストでもあり、ベース、ピアノ、サックスまでこなす豊かな才能を持ちます。

さらにビートメイクからサウンドのミックスまで一人でおこなってしまうというから、おそろしい才能です(天は二物を与えたな…)

ギターはストラトキャスターをメインに使うことが多く、9thの音をとり入れた独特のアルペジオやカッティングはセンスの塊です。

デビューアルバム『French Kiwi Juice』は全ネオソウルファン必聴の一枚。

インスタグラムアカウント:frenchkiwijuice

Fkj&Masego – Tadow(YouTube)

お洒落ギターフレーズ満載!おすすめのネオソウル・ギタリスト10選(後編)

Melanie Faye(メラニー・フェイ)

メラニー・フェイはアメリカのナッシュビル出身の女性ギタリスト。

1998年生まれという驚きの若さながら、卓越したテクニックとセンスを持ち、国内外問わず高い評価を得ています。

もともとインスタで演奏動画をあげていたところ、注目を集め人気に火がつきました。

独特のタイム感と、美しすぎるギターサウンド、ハンマリング&プリングを多用したプレイスタイルは全ギタリスト必聴でしょう。

まだ年齢も若いので、これからの活躍も楽しみすぎますねー!

アフロヘアでストラトキャスターを使いこなすことから、ジミ・ヘンドリックスとどこかかぶるんですよね(笑)

インスタグラムアカウント:melaniefaye

Mariah Carey – My All(Melanie Faye Guitar Cover)

関口シンゴ

関口シンゴは、1982年生まれ東京出身のギタリスト&コンポーザー。

バンドOvall(オーバル)のメンバーとして活動しながらも、あいみょんや矢野顕子など、さまざまなトップ・アーティストのサポートも務めています。

日本のネオソウルギター界隈では、最も有名なギタリストの一人と言っていいかもしれません。

前に出て弾きまくるようなタイプではありませんが、ここぞと言う時に飛び出すフレーズがマジでセンスの塊です・・。ニクイ。

ギターマガジンでもネオソウル関連の記事でたびたび登場し、お洒落なフレーズを用いたネオソウル奏法を伝授してくれています。

最近では、珈琲好きが高じて『オリジナルコーヒー豆』も発売しているとのこと!

インスタグラムアカウント:shingo.sekiguchi

関口シンゴ – Don’t Know Why(Guitar Cover)

TAKU

ヒップホップバンド、韻シストのギタリストとして活躍するTAKU(タク)も、ネオソウルを語る上で外せない一人かなと思います。

ソウルフルでグルーヴィなギタープレイを得意とし、韻シストが持つ”お洒落な雰囲気”は彼が生み出しているといっても過言でないでしょう。

ソリッドギターが主流のネオソウル界隈ですが、TAKUの愛用はギブソンのES-335!これがまた渋い。

セミアコとワウペダルの相性は抜群で、ファンキーだけどどこか温かみのあるサウンドは一聴して彼とわかるサウンドです。

ジャジーなバンドサウンドを研究したい方は必聴ですぞ。

インスタグラムアカウント:takuinsist

韻シストBAND – I’m a sick man(YouTube)

磯貝一樹

磯貝一樹は、SNSを中心に活躍するネオソウル・ギタリストです。

ギターデュオ、SOUL GAGEのギタリストとして活動しておりましたが、現在はソロ名義で活躍中。

1分程度の演奏動画を定期的にアップしており、どの演奏も驚くほどお洒落でグルーヴィ!

インスタのフォロワーは20万人を超えており、国内外問わず高い評価を得ています。

ストラトキャスターを愛用しており、ジャジーで浮遊感のあるサウンドは絶品の一言。

極上のネオソウルギターが聴けるインスト作『work_1 – EP』は必聴。

インスタグラムアカウント:kazuki_isogai

Kazuki Isogai – Neo Soul Guitar Demo(YouTube)

有賀教平

有賀教平は、ソウル系のセッションワークを中心に活躍するギタリスト。

ネオソウル、ジャズ、R&Bをメインに活動をおこなっており、今日本で最もギターの上手いギタリストだと思ってます。

はじめて有賀さんの弾く「Isn’t She Lovely」を聴いた時はぶったまげましたね…。日本にこんな上手い人いるんだ・・って。

フレージング、リズム感、コードワークなど、どれをとっても一級品…。超絶テクとはこのことでしょう。

オンライン・コミュニティの「アリガラボ」も運営しており、オンラインレッスンもおこなっているようです。

サポートワークが中心のため自身のアルバムは出していませんが、有賀さんのソロ作品なら聴きたい人たくさんいるだろうなぁ〜。

これからの活躍にますます期待したいですね!

Twitterアカウント:@ari_megane

有賀教平さんセッション動画

本記事のまとめ

「お洒落ギターフレーズ満載!おすすめのネオソウル・ギタリスト10選」について書いた記事は以上になります。

いかがだったでしょうか?

『ネオソウル・ギター』についてより詳しく知りたいぜ!という方は、以下の方法がおすすめ!

  • ギター・マガジン(2019年10月号)ネオソウル・ギター特集をチェック
  • YouTubeでネオソウル・ギターの解説動画を見る
  • おすすめしているギタリストのSNSをフォロー

これからますます勢いが出てくる音楽ジャンルだと思うので、音楽好きの方はぜひチェックしてみてくださいね。

この記事を参考に、『ネオソウル・ギター』について興味を持ってくれる人が増えたら嬉しいです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【サブスクで音楽を聴くならAmazon Music Unlimitedがオススメ!】

『Amazon Music Unlimited』は6,500万曲以上の楽曲を、月額780円で聴き放題できる便利な音楽配信サービスです。

本記事で紹介しているアーティストの楽曲ももちろん聴くことができますよ!

今なら3ヶ月無料で体感できるキャンペーン中なのでやらない理由がないのでは?

もちろん途中で退会しても、お金はかかりませんので気軽に試してみてください。

また、「Amazon Music Unlimitedがどんなサービスなのかわかりやすくまとめた記事」もありますので、参考にしていただけたら嬉しいです!