【2020年】アプリマニア厳選!スマホでできるおすすめの動画編集アプリランキング、トップ10【iPhone・iPad・Android】

動画編集アプリ

こんにちは!

アプリ好きブロガーのコバヤシ(@kobalog_net)と申します!!

最近、Youtubeを筆頭に動画を自分で編集して、アップロードする方が増えてきていますよね!

2020年は5Gなどの、新しい世代の技術も登場し、ますます動画人気が加速していくように感じます。

有名ユーチューバーが使っている動画編集アプリって、値段が高かったりするので、これから動画編集をはじめてみようかな?という方には、おすすめしづらいのも事実・・。

そこで本記事では・・・

悩む人
スマホやiPadでできるオススメの動画編集アプリって何があるのかな?アプリごとの特徴や機能についても詳しく知りたい!できれば、なるべくお金をかけないで動画編集をはじめてみたいな!

といった疑問を持つ方のために、アプリ好きの筆者が実際に使用している動画編集アプリを中心に10個ランキング形式でご紹介していきます。

動画の編集って、PCでやるというイメージを持つ方が多いと思いますが、最近の動画編集アプリは機能も素晴らしく、スマホだけでも十分クオリティの高い動画を作れますよ!

ぜひ参考にしてみてください!

ちなみに、アプリ名の下に貼ってある

上記のボタンからアプリ公式のページへ飛べます。

ボタンをタップするだけで、勝手にアプリがダウンロードされることは絶対にないのでご安心くださいね。

それではさっそくいってみましょう〜!!

アプリマニア厳選!スマホでできるおすすめの動画編集アプリランキング、トップ10(10位〜4位)

10位:VLLO

VLLO - Video Editor, 手軽な動画編集機

VLLO – Video Editor, 手軽な動画編集機
開発元:vimosoft
無料
posted withアプリーチ
ポイント

  • 700種類以上の豊富なモーションステッカーと、60種類以上のモーションテキストを使用可能
  • 動くスタンプやアニメーション付きのテンプレも実装
  • 無償版でも、ウォーターマークなしの動画作成が可能

シンプルでスマートな操作性が人気の動画編集アプリが「VLLO」です!

基本無料で動画作成に必要なほとんどの機能を使えるのもありがたいですね。

豊富なモーションステッカーやモーションテキストから、自分の思い通りの動画作成ができることでしょう。

課金コースはなんと1回500円払えば、ずっとすべての機能が使い放題なのが控えめに言って最高です。

有料版では、テキストを1文字づつ色変えできたり、アプリに入っている音源を使うことができます。

なにかとコスパの良い動画編集アプリだと思いますね。

9位:Magisto

Magisto 動画編集 アプリとムービーメーカー

Magisto 動画編集 アプリとムービーメーカー
開発元:Vimeo, Inc.
無料
posted withアプリーチ
ポイント

  • 全世界1億人以上がインストールしている大人気動画編集アプリ
  • 基本ステップは動画のテーマと音楽を選ぶだけ!自動で雰囲気のある動画作りができる
  • シェア機能で、SNSやメール、ウェブサイトやブログに直接動画をシェアできる

世界中の人が使っている人気動画編集アプリ「Magisto」も外せないアプリのひとつです!

とにかく簡単操作で雰囲気のあるオシャレな動画作りが可能です。

なんと「Magisto」では、高度なAI機能を使って、映像から最適な部分を自動で選び抜き、動画に合うようにフィルターやエフェクトをかけてくれるのです。

無料版では、作れる動画の再生時間が1分15秒までなので、長い動画を編集した場合は課金するか、他のアプリを使うのがいいと思います。

SNSなどの短い動画をデコってシェアするのにピッタリかと思います。

時間をかけずにオシャレな動画を作りたい!という方は、ぜひチェックしてみてほしいですね。

8位:iMovie

iMovie

iMovie
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ
ポイント

  • Apple純正の動画編集アプリの決定版!
  • 無料最初から使えて、難しい操作がないので初めての動画編集におすすめ
  • iTunesの楽曲や録音した音声もBGMとして使用できる

iPhoneユーザーなら誰しもが一度はこのアイコンを見たことあるんじゃないでしょうか?

洗練されたデザインと、直感的な操作性で動画編集ができる、Apple純正の動画編集アプリ「iMovie」が8位にランクインです。

良くも悪くもシンプルな動画編集アプリですね。

簡単な動画編集(カット編集やフィルタ効果)だったら、とりあえずコレ使っておけばOKです。

ただ他の動画編集アプリに比べて、テキストの位置を変えたり枠線をつけたりができないのがネックですね。

細かい調整をするには使いづらいので、簡単な編集をiMovieでおこなって、細かい編集は他の動画編集アプリでやるといいかもしれません。

7位:Cute CUT

Cute CUT

Cute CUT
開発元:YU BO
無料
posted withアプリーチ
ポイント

  • 30種類以上の絵画ツールでムービーに直接ペイント!凝った編集も可能だぞ
  • インターフェスは画面縦横どちらにも対応!
  • 本棚式のムービー管理であとからチェックもしやすい

「ムービーを直接描くことができる」という、今までにない新しいタイプの動画編集アプリが「Cute CUT」です!

動画編集に必要な機能は一通りそろっていますし、ピクチャー・イン・ピクチャーといったYoutubeなどの動画編集にかかせない機能があるのも嬉しいですね。

730円買い切りの有料Pro版と無料版の2種類があるので、動画編集がはじめてという方は、まず無料版でスタートして編集に慣れたら有料版を買えばいいと思います。

ちなみに有料版では、動画編集の長さに制限がなくなり、ウォーターマークもなしにできます。

6位:動画編集−動画加工&動画作成−

動画編集 - 動画加工 & 動画作成

動画編集 – 動画加工 & 動画作成
開発元:Wenjie Qiu
無料
posted withアプリーチ
ポイント

  • 国内507万ダウンロード突破の最人気Youtube動画編集アプリ
  • 4:3、1:1、9:16など様々なサイズでビデオ編集が可能
  • ムービーの速度変更や音量変更など、細かな調整可能なのが嬉しい

国内507万ダウンロードと、動画クリエイターからも高い人気を誇るのが「動画編集−動画加工&動画作成−」です!

他の動画アプリと同じく、基本的な機能はこのアプリだけで問題ないでしょう。

個人的には、BGMの挿入ができるバックミュージックがたくさんあるのがGoodポイントだなと感じました。

動画のフィルターも多いので、面白系の動画や弾いてみた、踊ってみた系の動画でも威力を発揮してくれそう。

基本無料ですが、年間1,800円のサブスクリプションサービスに加入すると、さらに豊富なラインナップのアイテムが使用可能になります。

普通に動画編集したいだけなら、無料版でも十分かなって感じもしますね。

5位:Adobe Premiere Rush

Adobe Premiere Rush - 動画編集アプリ

Adobe Premiere Rush – 動画編集アプリ
開発元:Adobe Inc.
無料
posted withアプリーチ
ポイント

  • 映像のプロ達にも愛用者が多い本格派動画編集アプリ
  • スマホ、iPad、Macまであらゆるデバイス上で操作が可能
  • アプリ上から複数のソーシャルチャンネルに作品を公開できる

プロの映像クリエイターからの信頼も厚い動画編集アプリといえば「Adobe Premiere Rush」でしょう!

アプリは一応無料で使えますが、無料の場合は書き出しが3回までなのと、クラウドストレージも2GBまでしか使えません。

このアプリを使う場合は、本格的に動画編集をやるんだ!という気持ちを持って、最初から有料版を買うべきですね。

編集も直感操作で簡単だし、何より映像の品質がめちゃくちゃ高いです。

筆者の場合は、外出時にタブレットで編集して、自宅に帰ってからMacで細かい部分を調整するという使い方をしていました。

本格的なムービー作成を考えている方は、使う価値アリの動画編集アプリだと思います。

4位:キネマスター

キネマスター - 動画編集&動画作成&video&maker

キネマスター – 動画編集&動画作成&video&maker
開発元:KineMaster, Inc.
無料
posted withアプリーチ
ポイント

  • Youtube、TikTok、Instagramなど、様々な動画サービスで愛用者続出の人気動画アプリ!
  • 豊富すぎる編集機能で、自分だけの個性的なオリジナル動画を作ろう!
  • 無料で最大4Kの解像度での無制限のエクスポートも可能

多くの多彩な効果とあらゆる編集機能を無料で使用できるアプリが「キネマスター」です!

可愛らしいスタンプや、動画に雰囲気を与えてくれる「テーマ」も多数用意されています。

iPhoneだけでなく、iPadでの編集も可能なので、普段タブレット使いの方でも気軽に使えるのは嬉しいですね。

また、動画を作っている途中でも新たな動画を撮影して、はめ込むことができるのも大きな特徴です。

アプリ初心者でも使いやすいインターフェースと操作性なので、世代を問わずオススメできるアプリかと思います。

アプリマニア厳選!スマホでできるおすすめの動画編集アプリランキング、トップ10(3位〜1位)

3位:InShot

InShot - 動画編集&動画作成&動画加工

InShot – 動画編集&動画作成&動画加工
開発元:InstaShot Inc.
無料
posted withアプリーチ
ポイント

  • スタンプや絵文字などのデコレーションアイテムがとにかく豊富!動画を盛りたい方におすすめ
  • Instagramで使える正方形のオシャレ加工ができる専用モード搭載
  • 各種SNSサービスへの動画投稿にピッタリ

動画と写真のどちらにもデコレーション対応している万能編集アプリが「InShot」です!

豊富なフィルター加工をはじめとして、絵文字やスタンプ、音楽からテキストまで、とにかく盛りに盛れる編集アプリです。

カラフルでキュートな動画や写真を作りたい!という方にはピッタリのアプリではないでしょうか!

動画編集に必要なカットやトリミングといった、基本機能もしっかりついています。

長時間の動画を編集するというよりは、インスタのストーリーやTwitterへの動画投稿など、各種SNSサービスと相性が良い編集アプリだと思いますね。

「InShot」を使って、他の人より一歩上のオシャレな動画作りを目指してみませんか?

2位:動画編集 Perfect Video

動画編集 Perfect Video

動画編集 Perfect Video
開発元:yinfeng tang
無料
posted withアプリーチ
ポイント

  • わかりやすいインターフェースと操作性で、初心者でも楽々編集!
  • スマホの縦画面で編集できるのが、非常に便利!
  • 文字の位置や大きさ、種類や枠線まで細かくテキスト調整可能

スマホで動画編集するユーチューバーの中でも、比較的人気が高い動画編集アプリが「動画編集 Perfect Video」です!

動画編集で必要な、カット編集やBGMの挿入、テキストテロップやトランジションまで一通りの機能がそろっている優秀なアプリ。

インターフェースもシンプルなので、とにかく使いやすい!という声が多い印象ですね。

ただ、無料版だと編集した動画の長さが30秒までしか編集できないといった制限もありますので、買い切り600円で使える有料版を使うようにしましょう!

何万円という高価な動画編集アプリが主流の中、たった600円でここまで高いクオリティの、動画作成ができるアプリってなかなかないと思いますよ。

1位:Luma Fusion

LumaFusion

LumaFusion
開発元:Luma Touch LLC
¥3,680
posted withアプリーチ
ポイント

  • プロ仕様のビデオ編集と本格エフェクトが買い切り3,680円で使い放題
  • 動画編集における必要な機能をほぼすべて網羅!PC以外で編集したい方には最強の動画編集アプリ
  • タッチスクリーン操作に特化し、iPhoneやiPadで直感的かつ本格的な動画編集ができる
  • ショートカットキーでの操作ができたりと、カスタマイズ性も高く、動画の細かい調整もしやすい

「アプリマニア厳選!スマホでできるおすすめの動画編集アプリランキング、トップ10」・・・第1位に選んだのは、iPhoneやiPadの編集において最強のコスパを誇る「Luma Fusion」です!

PCの動画編集アプリとしては「Final Cut Pro」や「Adobe Premier」あたりが有名ですが、この辺のアプリってとにかく値段が高いんですよ!!泣

確かにクオリティーの高い動画は作れますが、価格面で初心者は手を出しづらいと思います。

「Luma Fusion」の良いところは、3,680円というお金はかかりますが、マジでプロ仕様の動画編集が、スマホやタブレットで簡単にできてしまうんです。

しかもタッチスクリーンでの操作にすごく最適化されているので、指を使った直感的な操作性が抜群にしやすいです。

映像としての画質も非常に綺麗ですし、かなり細かい編集までできるので、現在ユーチューバーとして活躍しているクリエイターの方でも「Luma Fusion」を愛用している方が増えてきている感じがします。

また、スマホ用の動画編集アプリだと、解像度の設定やフレームレート、コーデックといった細かい設定ができないアプリが多いですが、「Luma Fusion」はしっかり対応しているのもGoodポイントでしょう。

「これから本格的にYoutubeに動画をアップしてユーチューバーを目指したい!!」など、熱い夢を持った方なら、最初から「Luma Fusion」のような有料アプリを買って、ガッツリ使いこなしていくことを強くオススメします!

しいてデメリットをあげるなら、Android端末に対応していないところですかね(泣)

筆者も、いろんな動画編集アプリを試してきましたが、現在は外出先で作業することも多いので、タブレット操作に特化した「Luma Fusion」を一番愛用しています。

サクッと気軽にいつでもどこでも動画編集できるというのが、本当に最高ですね。

このくらいクオリティが高いアプリだと、PCで最終調整をすることなくアップロードできるので、控えめに言って便利すぎです。

一生モノの動画編集アプリが手に入るのに、3,680円が高いと思うか、安いと思うかはあなた次第ですよ。

「Luma Fusion」の使い方については、下記動画がオススメです。わかりやすい!

本記事のまとめ

「アプリマニア厳選!スマホでできるおすすめの動画編集アプリランキング、トップ10」について書いた記事は以上になります。

いかがだったでしょうか?

動画編集アプリと一口に言っても、これだけたくさんの種類があります。

アプリごとに特徴も違うし、動画の出来上がりもけっこう違ってきます。

本記事を参考に、お気に入りの動画編集アプリが見つかってくれたら嬉しいです!

ちなみに、スマホで動画を撮影する場合は動画がブレないように三脚を使うのと、声が聞き取りやすいようにスマホ用マイクを使って撮影するのがオススメです。

筆者が使用しているスマホ用三脚とマイクもリンクを貼っておきますので、ぜひ参考にしてみてください。

最後に・・・

もし、本記事が面白かった、役に立ったと思った方は下記のSNSボタンからシェアしていただけると嬉しいです。

また、Twitter(@kobalog_net)もやっていますのでフォローいただけると励みになります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。