初心者にオススメしたい、ギター好きが選んだアコギ8本をご紹介!【予算5万円以内】

こんにちは!!

音楽ブロガーのコバヤシです!!
この記事では…

アコースティックギターを始めたいけど何のアコギを買っていいのかわからない…。リーズナブルで初心者でも弾きやすいアコギって何かないかなぁ?

…といった疑問を解決すべく、今まで100本以上のギターをを弾いた私が初心者の方向けに予算5万円以内で買えて、値段の割に本当にオススメできるアコースティックギターを厳選して8本選びました。
今回セレクトした基準はずばり、【コスパの良いアコギ】です。
安くて・弾きやすくて・音も良い!そんなアコギが揃っていると思いますよ。
これからアコギを始めたいと思っている方の参考になれば幸いです。
それではさっそくいってみましょう〜!!!

予算5万円以内で初心者にオススメしたい、ギター好きが選んだアコギ8本

f:id:go-shun:20181222023442j:image

YAMAHA アコースティックギター FG series FG830

f:id:go-shun:20181222023451j:image
日本が世界に誇る楽器メーカー、ヤマハのアコギです。
信頼性ばっちりの【間違いない1本】だと思ってます!
本機はヤマハのアコギの中でも価格もリーズナブルなFGシリーズのものになります。
まず、ヤマハのアコギって音がすごく良いです。
3万円台とは思えないしっかりした芯のあるサウンドは最高ですね。
ピックでストロークすると1音1音綺麗に音が出るんですよ。
もちろん指で爪弾いても優しく芯のある音色が特徴です。
私が弾いたものは弦高の高さも良い感じに調整されていました。
高すぎず、低すぎずで弾きやすかったですね。
個人的には、フォークミュージックを演奏したい人にはかなりオススメしたいです!
自分で歌いながら弾きたいって方には間違いないんじゃないかなと思います。
初心者はまずヤマハから!といっても過言じゃない気がしますね。
価格:☆☆☆☆
弾きやすさ:☆☆☆☆
音色:☆☆☆☆☆
総合:☆☆☆☆☆

モーリス アコースティックギター Morris F-351

f:id:go-shun:20181222023454j:image
モーリスも初心者向けアコギの中では、定番のブランドのひとつです。
このF-351というタイプはモーリスがエントリークラスで出しているM-280(アコギ初心者セットについてくるギターです)よりもグレードが上がったものになります。
スプルース単板というちょっと良い素材を採用したオリジナルのフォーク・ボディです。
モーリスも日本の老舗ブランドだけあって、値段の割にとても良い音がしましたねー。
個人的に3万円台のアコギ買うならヤマハかモーリスが良いと思ってます。
モーリスのアコギの方が、指で爪弾くならかなりしっくりくるかなーと感じました!
それとこのF-351ってネックが薄くてボディもちょっと小型なのです。
なので、女性にも弾きやすいギターだと思います。
初心者の方はFコードを抑えるのでつまずく人が多いと思いますが、このギターなら割とあっさり「Fの壁」を超えられるんじゃないかと感じましたね。
価格:☆☆☆☆
弾きやすさ:☆☆☆☆☆
音色:☆☆☆☆
総合:☆☆☆☆

YAMAHA クラシックギター CG142C

f:id:go-shun:20181222023457j:image
またまた登場!!日本が誇る楽器メーカー、ヤマハのクラシックギターです。
もしあなたがクラシックギターをお探しなら真っ先に試してもらいたい1本です!!
ヤマハの初心者向けクラシックギターっていくつか種類があるんですよ。
1万円台で買える「ショートスケールのクラシックギターJr.シリーズ CS40J」と「ヤマハ クラシックギター CG102」というのがあります。
どちらも悪くないギターですが、私はどうせ買うならプラス1万円だしてこのCG142Cを買うことを強くオススメします!
ヤマハも【豊かな鳴り・優れた演奏性・明るい外観】をテーマにしており、音量・音質・弾きやすさなどどれをとっても2万円台とは思えないクオリティで仕上がってます。
弦高の調整が絶妙でかなり弾きやすかったです。
最初に買う1本は値段が高すぎる必要はないですが、YAMAHA クラシックギター CG142Cくらいの優秀さを持ったクオリティの物を選びたいですね!
価格:☆☆☆☆
弾きやすさ:☆☆☆☆☆
音色:☆☆☆☆☆
総合:☆☆☆☆☆

Epiphone Dove PRO VB エレクトリックアコースティックギター

f:id:go-shun:20181222023500j:image
最初の1本にエレアコ(アンプにつないで演奏することができるアコギのことです)をお探しなら、Epiphone Dove PRO VB エレクトリックアコースティックギターがオススメです!!
まず、3万円以下でエレアコが買えちゃうことに驚きです!!
ボディは単板スプルース、サイドとバックにはセレクト・メイプルを採用しています。
ドレッドノートのタイプなので、音もデカイ!!
エレアコにしては生音の音量も十分だなーというのが最初の印象でした。
ピックアップはFishman Sonicoreと呼ばれるものを採用しており、さすがピックアップの人気ブランドだけあってアンプ通した音もけっこう良い感じでした。
初心者の方なら間違いなく満足できるんじゃないでしょうか?
価格:☆☆☆☆
弾きやすさ:☆☆☆☆
音色:☆☆☆
総合:☆☆☆☆

RECORDING KING(レコーディングキング)RP1-16C カッタウェイ

f:id:go-shun:20181222023503j:image
アコギでのソロ演奏やリードギターをやりたいという方向けにオススメなのがRECORDING KING(レコーディングキング)RP1-16C カッタウェイ、アコースティックギターです!
カッタウェイタイプはハイフレットの弾きやすさが抜群なので、アコギ1本でいろんな種類の音楽を演奏したいなーという方にはとっても重宝すると思います。
こちらのアコギはトップがソリッド・アディロンダック・スプルースでサイドとバックはマホガニーを使ってます。
マホガニーって柔らかくて温かみのある音がでるので私は大好きですね!!
かなりコスパの良いアコギですが、欠点をあげるなら若干、弦高が高かったです。
出荷初期状態だと初心者の方は少し弾きづらいかもしれません。
楽器屋などで弦高を2mm〜2.5mm程度まで下げてもらうとめちゃくちゃ弾きやすくなりますよ!!
価格安いので、サウンドハウスで購入するのがオススメです!
価格:☆☆☆
弾きやすさ:☆☆☆☆
音色:☆☆☆☆☆
総合:☆☆☆☆

サウンドハウスで商品を見る

Aria Fホール仕様 エレクトリック・アコースティックギター FET-F1

f:id:go-shun:20181222023508j:image
初心者用のウクレレでも大人気のアリアが手がける珍しいFホール仕様のエレアコです!!
普通のアコギじゃ物足りない!!人と違ったアコギが欲しい!!という方にはコレがぴったりだと思ったので紹介させていただきました。
見た目がすごく良いですよねー。この木目がなんとも良い味を出しています。
Fホールなので通常のアコギに比べると生音は小さいです。
あくまでもアンプを通して使う前提で作られているといった印象を受けました。
この形状もあってか、音色はジャキジャキというかシャリーンという線が細い感じの音なので好みは分かれるかもしれません。
チューナー付きのプリアンプ「AEQ-4」が搭載されており、かなり機能的な1本だと思います。
価格:☆☆☆☆
弾きやすさ:☆☆☆☆
音色:☆☆☆
総合:☆☆☆

ZENN(ゼン) ZD18-12 12弦ギター

f:id:go-shun:20181222023512j:image
初心者にそもそも12弦ギターはオススメなのか!?
…そんな野暮なことは言わないでください。
きっと12弦ギターのきらびやかで雰囲気のある音色が大好きな方もいると思いまして、5万円以下で買えるゼンの12弦ギターをご紹介します。
はっきり言って、12弦ギターでこの値段は完全に価格崩壊してると思いますね!!笑
ゼンさん、これ赤字でしょ??笑
というくらい安い12弦のアコギなのですが、コレが弾いてみると意外にいい感じなんですよ。
驚いた点が低音から高音までバランスが良かったのとナットとサドルがまさかの牛骨製なのです。
これにはさすが!!と思わずにはいられなかったですね。
あと、12弦ギターは音量がデカイ!!この価格でも十分に雰囲気のあるきらびやかなサウンドを堪能できるなーと感心しました。
この価格でこのクオリティなら、多少冒険しても良いのでは?
価格:☆☆☆☆
弾きやすさ:☆☆☆
音色:☆☆☆☆
総合:☆☆☆

サウンドハウスで商品を見る

Little Martin Series LX (リトル・マーチン)

f:id:go-shun:20181222023516j:image
アコギの大人気ブランド、マーチンが出しているトラベルギターになります。
トラベルギターというのは通常のアコギよりもサイズが小さく、アウトドアや旅先で弾けるよう持ち運びに便利なギターのことです。
このリトル・マーチンはエド・シーランが使用していることでさらに人気が出ました。
今までのトラベルギターって、やっぱりおもちゃ感覚というか音もショボくてチューニングも合いにくいものがほとんどだったんです。
しかし、そこはさすがマーチン社です。
木の繊維を特殊な圧縮法でプレスしたハイプレッシャー・ラミネイト(HPL)と呼ばれる特殊合板を材料に使用しており、トラベルギターとは思えないくらいしっかりとしたサウンドが出ます。
ピックでジャカジャカ弾くのも良し、爪弾いてバラードを歌うも良し!
このサイズからは想像つかないくらい万能なアコースティックギターなんですよ。
エド・シーランが愛用していたのもうなずけます。
子供から大人まで幅広くオススメできるギターですし、こういう質の良いトラベルギターってこれからますます需要が高まっていくと思いますね。
Amazonやサウンドハウスなら5万円以下で買えるのも素晴らしいポイントですね!
価格:☆☆☆
弾きやすさ:☆☆☆☆☆
音色:☆☆☆☆
総合:☆☆☆☆☆

初心者にオススメしたい、ギター好きが選んだアコギ8本のまとめ

f:id:go-shun:20181222023446j:image
今回紹介したアコースティックギターはほとんどがAmazonやサウンドハウスで購入することができます。
ここに紹介したギターはギターを100本以上弾いた経験のある私が購入または借りて実際に弾いたことのあるものだけを書きました。
自分で言うのもなんですが、けっこう信頼性の高い情報が書けたのではないかなーと思っています。
そして、ギターは楽器店で必ず試し弾きしてから買え!!!!というイメージが強い方も多くいると思います。
私もその意見には賛成なんですが、今の時代は検品技術や加工技術が非常に高くなってきているのでネットで買った楽器もしっかりした状態で届くことがほとんどです。
実際に私もAmazonをはじめとするネット通販で5本以上のアコースティックギターを購入していますが、不良品に出会ったことはありません。(ただ、弦高の調整が必要なアコギは何本かありましたが…
今はギターを始められるハードルも低く、環境もかなり充実しているのが2018年現在だと思うんですよねー。
音楽を始めるにはつくづく良い時代になったなーと。
ただ!!何十万円もするギターを買う場合は必ず試し弾きしてから買ったほうが良いです。
とくにアコギは素材の違いで音色がダイレクトに変わるので、注意です!
あと、値段の妥協がきかないので…。
この記事がこれからアコースティックギターを始めようと考えている初心者の参考になれば幸いです!
ギターって弾けば弾くほど本当に魅力的な楽器ですよー!!
良いミュージックライフをどうぞ!!