BOSSの自宅用ミニアンプ、KATANA(カタナ)MINIを徹底レビュー!!【コスパ最強の侍アンプを体感セヨ】

こんにちは!!

ギタリストのコバヤシと申します!!

みなさん、自宅でギターを弾く時はどんなアンプを使っていますか?

エレキギターのピッキングのニュアンスや音の雰囲気を知るうえでも、自宅で練習する際はアンプを使った方が良い練習になることは周知の事実だと思います。

そこで、今回は自宅で使えるBOSSのKATANA(カタナ)MINIというアンプのレビューをしていきますよ!

悩む人
BOSSのKATANA(カタナ)MINIが気になっているんだけど、どんなアンプなんだろう?コスパの良いアンプはないかな?

といった疑問を持っているかたは必見ですよ。

個人的にはBOSSのKATANA(カタナ)MINIはBlackstarのFLY3に匹敵するぐらい使えるアンプだと思います。

どちらもお手頃な値段なのもナイス!

そんなわけで、本記事では「BOSSの自宅用ミニアンプ、KATANA(カタナ)MINIを徹底レビュー」について書いていきます。

それではいってみましょう〜!!

<この記事はこんな方にオススメです>

  • BOSSの自宅用ミニアンプ、KATANA(カタナ)MINIの特徴が知りたい
  • BOSSの自宅用ミニアンプ、KATANA(カタナ)MINIのサウンドや使用感はどんな感じ?
  • 持ち運びしやすくて音の良いコスパの良い自宅用ミニアンプは何があるのか知りたい

BOSSの自宅用ミニアンプ、KATANA(カタナ)MINIの外観と付属品

KATANA(カタナ)MINIは電池駆動型のポータブル・ギターアンプになります。

BOSSの公式サイトでの説明は以下のとおりです。

BOSSのKATANAアンプ・シリーズは、フラッグシップ・モデルWAZA AMPのエッセンスを取り込み、クラスを超えたサウンドや本格的なチューブ・レスポンス、充実したエフェクトでギタリストからの高い評価を集めるロック・アンプです。KATANA-MINIは、その上位クラスの本格的なサウンドをポータブル・サイズに凝縮したバッテリー駆動アンプです。本格的なステージ・クラスのアンプと同じように、段階的にゲイン・アップしていきダイナミックで表現力豊かな歪みを生み出すアナログ・ゲイン回路と、単純なEQではなくビンテージ・アンプの回路と同じ3バンド・トーンスタック、温かみのある残響音が特徴のディレイを搭載しており、クラスを超えた音作りと弾く楽しさが味わえるミニ・アンプです。気軽に持ち出せる小型・軽量ボディーとバッテリー駆動の実現により、さまざまなシチュエーションで本格的なロック・サウンドを楽しむことができます。

引用:BOSS公式サイト

ブラックをベースにしたシンプルなデザインはまさに日本刀のように洗練されていますね。

イケベ楽器オリジナルモデルはレッドカラーがベースになっており、こちらもカッコいいデザインです。

漢字で”刀”と書いてあるところもクール!外国人受けしそうww

持ち運びがしやすいように取っ手がついているのも親切ですね。

もし専用アダプター付で使用したい場合は別売りのアダプターも購入するか、最初から専用アダプター付のKATANA(カタナ)MINIセットを購入する必要があります。

たとえばAmazonで買う場合はアンプ本体のみだと10,800円ですが、専用アダプター付だと12,000円です。

自宅のみでしか使わないのなら専用アダプターをあわせて買っちゃってもよさそうですね。

筆者は外でも使用することが多いので、常に電池駆動にしちゃってます。

BOSSの自宅用ミニアンプ、KATANA(カタナ)MINIの特徴・使用感とサウンドレビュー

筆者がKATANA(カタナ)MINIアンプを使ってみて、気になったポイントや特徴は以下の4点です!

ポイント

  1. 重量1.2kgと軽く持ち運びが便利!!
  2. 出力7wなのでミニアンプにしてはかなり大音量を出せる!!
  3. 3バンドEQ(BASS/MIDDLE/TREBLE)になっていて本格的なサウンドメイクが可能!!
  4. アナログ・ゲイン回路による3つのアンプ・タイプを搭載(BROWN/CRUNCH/CLEAN)

この4つのポイントが良かったのでひとつずつ説明していきます。

重量1.2kgと軽く持ち運びが便利

ミニアンプの最大の利点はやっぱり、軽さにあると思います。

KATANA(カタナ)MINIアンプは重量はわずか1.2kgなので、ちょっと外で演奏したい時や小さなハコであればラクラクに持っていけるのが魅力です。

筆者の場合はトートバッグに入れて持ち運んでいます。

公園とかでセッションする時に便利なんですよねー!

アンプが持ち運びしやすいように、取っ手がついているのがありがたい。

電池は単三電池6本を使用します。

アルカリ電池で7時間、ニッケル水素電池で9時間もの連続使用が可能です。

まぁ、ふだん使ううえでは十分すぎるくらいしっかり長持ちする感じかと思います。

出力7wなのでミニアンプにしてはかなり大音量を出せる

コレ・・・すごくないですか?

ミニアンプで7wもの出力を出せるアンプってなかなかないんじゃないんですかね。

ミニアンプってだいたい3w〜5wが主流なので、7wはマジで革命レベルだと思います。

4インチのカスタム・スピーカーを搭載しており、ちょっとした飲み屋とか小さなバーくらいの大きさならこれ1台でも問題なく演奏可能です。

路上とかでライブする時でも、まわりがうるさくなければ弾き語りやドラムレス編成ならけっこうしっかり聞こえますね。

筆者はサックスとデュオ演奏する際によく、KATANA-MINIを使っています。

公園でサックスとデュオ演奏できるなんて、本当に良い時代になったなぁとつくづく思いますね。

ちなみにオーディオ・プレーヤー(iPhoneや音楽プレーヤー)などを接続できるAUX IN端子もついているので、たとえばキャンプで音楽を流したりするのにも使えます。

もちろんヘッドフォンもさせるので、自宅で深夜弾く場合も問題ありません。

3バンドEQ(BASS/MIDDLE/TREBLE)になっていて本格的なサウンドメイクが可能

KATANA-MINIのツマミ部分はこんな感じになっています。

ビックリしませんか?

・・・そう!!

ミニアンプなのに、EQがBASS/MIDDLE/TREBLEと3つもついているんですよ!

このサイズのアンプってだいたいトーンがひとつしかついていないので、細かいサウンドメイキングはあきらめざるをえないんですが、KATANA-MINIは非常に細かい音作りが可能です。

なので、他のミニアンプに比べて、歪ませてもクリーントーンでも自分好みの音がだしやすいと思います。

ロックやポップスはもちろん、ジャズやブルース、メタルまで幅広い音楽ジャンルに対応してくれることでしょう。

そして、もうひとつ驚いたのがDELAYチャネルの性能がすげー良いんです。

ディレイのかかり具合が良くて、音に温かみがでてかなり良い感じのサウンドになります。

筆者はジャズとかブルースを演奏する機会が多いので、常にリバーブをかけるようにしています。

TIMEのツマミをいじれば、ロング・ディレイといったサウンドも出せるので面白いですね。

コレ1台でけっこう遊べちゃうアンプだと思います。

アナログ・ゲイン回路による3つのアンプ・タイプを搭載(BROWN/CRUNCH/CLEAN)

アナログ・ゲイン回路ってなんだよ?って思いますよね。

アナログ・ゲイン回路とはクリーンサウンドをベースにして段階的にゲインをあげていって、ナチュラルな歪みを生み出す回路です。

ようするに良い歪みを出せるよ!って話なんですが、筆者が弾いて思ったのはピッキングのニュアンスがめちゃめちゃ出やすいアンプだなと思いました。

そういった意味ではギターが上手い人はより素晴らしいサウンドを出せて、下手な人はミスしたところが音としてもわかりやすいアンプだと思います。

歪みの種類はハイゲイン・サウンドのBROWNとロックやブルースに向いているCRUNCH、そして透明感のあるCLEANサウンドの3種類です。

KATANA-MINIで演奏している動画もありましたのでぜひそのサウンドを聴いてみてください。

そして、できれば自分で購入して実際に音だしてみてください。

・・・音の良さにけっこうビビりますよ。

普通のアンプに比べるとサイズは小さいので低音に物足りなさはありますが、ビックリするほどキレイなクリーントーンです。

歪みも温かみがあって、王道って感じのサウンドが出せます。

個人的にはCRUNCHが一番好みなので、ちょっと強く弾くと歪むくらいに設定して使っています。

BOSSの自宅用アンプ、KATANA(カタナ)MINIのレビューまとめ

本記事は「BOSSの自宅用アンプ、KATANA(カタナ)MINIを徹底レビュー!!【コスパ最強の侍アンプを体感セヨ】」について書きました!

KATANA(カタナ)MINIをレビューした結果、良かった特徴をまとめると以下のとおりです。

ポイント

  1. 重量1.2kgと軽く持ち運びが便利!!
  2. 出力7wなのでミニアンプにしてはかなり大音量を出せる!!
  3. 3バンドEQ(BASS/MIDDLE/TREBLE)になっていて本格的なサウンドメイクが可能!!
  4. アナログ・ゲイン回路による3つのアンプ・タイプを搭載(BROWN/CRUNCH/CLEAN)

以上、KATANA(カタナ)MINIアンプについてまとめました。

この記事を書いていて、”すごく使える1台”だなと改めて感じましたね。

どんどん性能の良いミニアンプが出てきているなー・・。

これからミニアンプが、さらに進化していくのが楽しみで仕方ありません!

音が良くて持ち運びがラクな自宅用アンプを探している方はぜひ参考にしてみてください。

最後に・・・

当ブログである「kobalog」ではこんな感じで音楽に関する情報を”楽しく・おもしろく・役に立つ”をモットーに情報発信しています。

またTwitterFacebookでも音楽に関する呟きやぼくの考えについて発信していますので、良かったらフォローしてもらえると嬉しいです。

それでは今日はこのへんで。

素敵な音楽ライフをどうぞ!

Amazonでアンプを買うなら、かなりお得なAmazonギフト券のチャージ

もしAmazonで購入するなら、Amazonギフト券をチャージしておくことを強くおすすめします!

なぜかというと・・・ギフト券をチャージするだけで、なんと最大2.5%もの還元があるからです!これはすげぇ!

表にするとわかりやすいですね。

一般会員ももちろんお得ですが、Amazonプライム会員はさらにお得になります!!

Amazonプライム会員は本当にメリットありすぎるので会員にならない理由がわかりません。

と、いうわけでどうせAmazonで買い物をするのであれば

  • 先にギフト券をチャージします→そしてチャージしたポイントで買い物をする!

この手順で買い物をするのが間違いなくお得ですぞ

ちなみにぼくもAmazonで買い物をするときは9万円チャージして買い物して〜使い切ったらまた9万円チャージして〜を繰り返しています。

CDや音楽用品〜楽器から生活用品までAmazonで買えちゃうのでやらない理由はとくにないのでは?

Amazonギフト券のキャンペーンページはこちらからどうぞ

Amazonギフト券チャージキャンペーン!最大2.5%還元!