ギタリストが選ぶ、エレキギター弦のおすすめランキング、トップ10!!【ギター初心者必見】

こんにちは!!

ギタリスト兼ブロガーのコバヤシと申します!!

みなさん、エレキギター弾いてますか?

今回の記事では・・・

悩む人
エレキギターにおすすめの弦って何があるんだろう?各メーカーごとの特徴も知りたいな

 

といった疑問をもつ方に、ギター歴13年の筆者が実際に試してみて、本当に使えるコスパの良いエレキギター弦をランキング形式でご紹介していきます!

エレキギターの弦とひとくちに言っても、とてもたくさんの種類があり、様々なメーカーごとに音色や特徴もことなります。

なので、弦の素材の違いや太さの違いなどをしっかりしっておくことで、ギター初心者でも失敗しない弦の選び方ができるようになりますよ。

 

弦の素材は大きく3種類

まずは弦の素材のお話から!

素材によって音がけっこう変わるので、傾向を覚えておくと弦選びで役に立つと思います。

実はギターの”弦”といっても、大きく分けて3種類あります。

  • ニッケル弦
  • ステンレス弦
  • コーティング弦

以上の3種類です。

各素材ごとの主な特徴はこんな感じです。

ニッケル弦の特徴

エレキギターの弦といえば、定番なのがニッケル弦です。

楽器屋のギターに張られている弦はほとんどがこのニッケル弦です。

もっともポピュラーな弦だと思います。

わりとサビにくく、弦自体が柔らかくて押さえやすいのも特徴です。

音は柔らかくも明るい音色って感じですかね!

音のバランスも良いので、場所を選ばずに使用できる万能な弦だと思います。

基本中の基本!!

 

ステンレス弦の特徴

ステンレス弦はシャープでキレのあるサウンドが特徴的です。

カッティングをよく使うギタリストの方などはステンレス弦はオススメです。

しかも、手汗でのサビなんかにもとても強い弦です。

音色は、そこまでブライトではなく落ち着いた音色なのでブルースやソウルとか演奏するのにも向いていると思います。

 

コーティング弦

その名の通り、弦に特殊なコーティングがされている弦です。

近年、プロギタリストの使用率も高くなってきている弦ですね。

特殊なコーティングのおかげでとてもサビに強く、耐久性もあります。

ニッケル弦やステンレス弦に比べると若干高価ですが、弦の寿命が通常の弦の4倍長持ちするとも言われており、全体的にみるとかなりコスパの良い弦だと思います。

また、弦をこする時に発生する”フィンガリングノイズ”も出にくいのでジャズ系のプレーヤーにも好まれていますね。

ただし、コーティングによって音の響きが変わるので、それが嫌という人も一定数いるみたいですね。

 

弦の太さによって音や押さえやすさも大きく変わります

あたりまえですけど、弦の太さにもいくつか種類があります。

弦の太さのことを”ゲージ”といって、「〇〇ゲージ」みたいな感じでサイズが記載されています。

弦の太さの種類は以下のとおりです

  • エクストラライトゲージ
  • スーパーライトゲージ
  • ライトゲージ
  • カスタムゲージ
  • ミディアムゲージ
  • ヘビーゲージ

こんな感じでけっこうたくさんの種類に分かれているんですよね。

ちなみにエクストラライトゲージが一番細くて、ヘビーゲージが一番太いです。

太さの違いによる特徴はざっくりこんな感じです。

ポイント

 

  • ゲージは細ければ細いほど、押さえる力がいらないので押さえやすい
  • ゲージは太ければ太いほど、骨太なサウンドを出すことができる

なので、自分が演奏したいジャンルによって弦の太さを分けるのがいいかなと思います。

筆者がオススメするジャンルごとの太さは以下のとおりです(あくまで主観です)

  • ギター初心者→エクストラライト、スーパーライト
  • ロック、ポップス、ブルースなど→ライト、カスタム
  • ジャズ、ソウル→ライト、カスタム、ミディアム
  • ハードロック、メタル→ミディアム、ヘビー

ざっくりこんな感じですかねー!

とりあえずギター初心者の方は押さえられなくて挫折するのを防ぐため、細めの弦がいいと思います。

 

ギタリストが選ぶ、エレキギター弦のおすすめランキング、トップ10!!

エレキギター弦についての知識はここまでにして、ここからは筆者がオススメしたいエレキギター弦を10種類ランキング形式で紹介していきます!!

コバヤシ
サウンドの特徴も書いていますので、エレキギター弦選びの参考になれば幸いです。

 

それではさっそくいってみましょう〜!!

第10位:フェンダー エレキギター弦 3150R

エレキギターの老舗、フェンダーも弦を販売していたのを知っていましたか?

筆者が使用した感じとしては、やっぱりストラトやテレキャスといったフェンダー製のエレキギターにあう音色をもった弦だと思いました。

繊細で綺麗な音色なので、カッティング系のギターとかコードプレイ主体の方には合うんじゃないかと思います。

演奏しやすさ
3.5
パワフルさ
2.5
繊細さ
4
コスパ
3.5
総合評価
3

 

第9位:GHS(ジーエイチエス) BOOMERS Extra Light

ウクレレ弦でも有名なGHSのエレキギター弦です。

別名「パワーストリング」とも呼ばれ、そのチカラ強いサウンドは多くのトッププロ・ミュージシャンからも愛されています。

ピンクフロイドのギタリスト、デヴィッド・ギルモアのシグネイチャー弦もGHSから登場しています。

独自開発のダイナマイトアロイという合金を使用しており、明るい音色とロングサスティーンも特徴的ですよ!

演奏しやすさ
3.5
パワフルさ
4
繊細さ
3
コスパ
3
総合評価
3

 

第8位:ギブソン SEG-700ULMC Brite Wires

世界が誇るギターメーカー、ギブソン社が発売したエレキギター弦です。

ギブソンの弦ってあまり見慣れないですが、ギブソンのギターを愛用している方は、弦もギブソンを使っている人、けっこう多いそうです。

サウンドは落ち着いていて、温かみのある音色が特徴的です。

単音弾きが多いギタリストにはオススメな感じがしましたね。

演奏しやすさ
3.5
パワフルさ
3.5
繊細さ
3.5
コスパ
3
総合評価
3.5

 

第7位:DR(ディーアール) エレキギター弦 TITE-FIT ニッケルメッキ

DRのエレキギター弦の中でもラウンド・コア(丸い芯材)を使用して人気のTITE-FITシリーズ。

この価格帯のエレキギターの中ではとてもコスパの良いギター弦だと思います。

音のバランスの良さ、トーンの甘さ、弦のやわらかさ、チューニングの正確さなどどれをとっても十分な性能を持つギター弦です。

オールジャンルで使用できるエレキギター弦ではないでしょうか!

ピッチが安定してくれるのが、すごくいいなぁと感じましたね。音も良し!!

演奏しやすさ
4
パワフルさ
3.5
繊細さ
3.5
コスパ
4
総合評価
3.5

 

第6位:エリクサー エレキギター弦 OPTIWEB Light

コーティング弦の代名詞とも呼べる「エリクサー」のエレキギター弦です。

エリクサーの弦といえば、弦の寿命がとても長く耐久性に優れていることでも知られていますよね。

弦の種類として、”POLYWEB”、”NANOWEB”、”OPTIWEB”と3種類に大きく分かれています。

その中でOPTIWEB弦はクリスピーサウンド(パリッとしたさわやかなサウンド)が特徴で、かつ自然な弾き心地を感じさせてくれるギター弦です。

コーティング弦ってさわり心地や音色にコーティングっぽさがあり、それが嫌という人もいるんですが、このOPTIWEBはノンコーティング弦のような感触でかつ寿命や耐久性に優れているのがポイントです。

これから使用者もどんどん増えていく、新時代の定番弦のひとつではないでしょうか。

演奏しやすさ
4
パワフルさ
3.5
繊細さ
4
コスパ
4
総合評価
4

 

第5位:ダダリオ エレキギター弦NYXL Super Light

エレキギター弦のトップブランド、ダダリオが開発した今までにないタイプの新しいギター弦が”NYXL”シリーズです。

お値段はコーティング弦のように若干高いですが、その性能は目を見張るものがあります。

“NYXL”弦の大きな特徴は以下の4つ

  • 従来のダダリオ弦より強度がアップしており切れにくい
  • ダダリオのEXLシリーズより弦のテンションがやわらかい
  • 弦を張り替えてからチューニングが安定するまでがとても早い
  • いつまでもピッチが安定している。つまり長寿命。

どうですか?一言でいうと、「あきらかに進化したダダリオ弦」なのです!!

筆者も使ってみましたが、おそろしく弾きやすい弦だなと感じました。

製品に一切の妥協をしない、ダダリオ社の歴史とプライド、製品力の集大成のような弦だと思います。

演奏しやすさ
4
パワフルさ
4
繊細さ
4
コスパ
4
総合評価
4

 

第4位:アリアプロⅡ エレキギター弦 Light

エレキギターでもおなじみのアリアプロから発売しているギター弦です。

この弦の魅力はなんといっても、その価格の安さにあります!!

初心者の頃はどうしても、ギターを弾く指に力が入るので弦が切れやすいんですよね。

頻繁に弦を交換しなくてはならない場合にここまで低価格なのは魅力的ですよね。

で!!このエレキギター弦のなにがいいて、安かろう悪かろうじゃないんですよ!!

これだけ安いのに音のバランス良し、チューニングの安定良し、弦のやわらかさ良しと、とてもハイクオリティな弦なんです。

とにかく安くて良い弦をさがしているなら筆者は迷わずアリアプロⅡのエレキギター弦をオススメしますね!

演奏しやすさ
4
パワフルさ
3.5
繊細さ
3.5
コスパ
5
総合評価
4

 

第3位:ダダリオ エレキギター弦ニッケル Super Light EXL120

出ました!!!

ザ・スタンダードなエレキギター弦といえばダダリオのニッケル弦で決まりです!!

どこの楽器屋にもこのダダリオ弦とアーニーボールの弦は売っていると思います。

やっぱり売れる商品にはそれなりの理由があると思います。

この弦の最大の魅力はとてもバランスが良い万能な使い勝手にあると筆者は思っています。

はっきりとしたブライトな音色はすべてのミュージシャンに愛される素晴らしい音色です。

どのジャンルの音楽にもぴったり当てはまるし、引き手のフィーリングの細かなニュアンスまでしっかり表現できるので初心者からプロ・ギタリストまで本当に愛用者の多い弦ですね。

スーパーライトゲージは細いので女性や子供にも押さえやすいところもGOODポイント!

ちなみワンサイズ上のゲージであるレギュラーライトも超定番なので知っておきましょう。

男性はレギュラーライト、女性はスーパーライトが押さえやすいのではないでしょうか。

演奏しやすさ
4.5
パワフルさ
3.5
繊細さ
4
コスパ
4.5
総合評価
4.5

 

第2位:エリクサー エレキギター弦 NANOWEB スーパーライト

コーティング弦の中でもとくに人気なのがエリクサーのNANOWEB弦です。

もはやコーティング弦といえばこの箱が頭に浮かぶ方も多いのでは?

ご存知のとおり、コーティング弦は長寿命で安定したピッチと弾きやすさを実現した弦です。

その中でもNANOWEB弦は、くっきりとした明るい音色と滑らかな弾き心地が特徴的なエレキギター弦。

それでいてフィンガーノイズが少ないのもとても良いんですよね。

ロック、ジャズ、ポップス、ブルース、ファンク、ソウルまで幅広いジャンルに適したサウンド作りができるので、個人的にめちゃめちゃ信頼できる弦です。

筆者の場合、お気入りのギターにはすべてエリクサーのNANOWEB弦を張ってますね。

コーティング弦ってなんやかんやで本当に長持ちするので、弦にお金をかけられない方にこそ使ってほしいと思います。

安い弦をたくさん買うより、よっぽどコスパ良いですよ。

演奏しやすさ
4.5
パワフルさ
4.5
繊細さ
4
コスパ
5
総合評価
5

 

第1位:アーニーボール Regular Slinky

第1位に選んだのは・・・

キング・オブ・王道!!!

エレキギターの王様といったらこのアーニーボールのレギュラースリンキー弦です!!!

50年以上にわたって世界中のミュージシャンから高い人気をえている最強のエレキギター弦といえるでしょう。

エレキギター初心者ならこの弦かダダリオのスーパーライト弦を買っておけばまず間違いはありません!

値段よし、音のバランスよし、弾きやすさよし、の3方良しの製品ですね。

ゲージのコア線と巻線がアーニーボール独自の構成になっており、とてもバランスのとれた豊かな音色を生み出しています。

筆者もアーニーボール弦にはお世話になっていて、本当にクセがなく使いやすいんですよね。

新しいギターを買ったら、とりあえずアーニーボールの弦を張ってそこから自分好みの音を模索していく感じです。

あと弦がめっちゃ柔らかい!押さえるのに余分な力が入らないので、プレイに集中できるのもポイントだと感じています。

ちなみにアーニーボール弦の愛用者はエリック・クラプトンをはじめ、ローリング・ストーンズ、ジミー・ペイジ、AC/DC、ジョン・ペトルーシ、スラッシュ、グリーンデイなどなど、数々のトップ・ミュージシャンたちもこぞってアーニーボール弦を愛用しています。

このアーティストの羅列だけでも、いかにこの弦が素晴らしいのかわかってもらえると思います。

まだ使ったことのないギタリストのみなさんはぜひ一度使ってみてください。

その圧倒的なコストパフォーマンスに驚くこと間違いなしです。

演奏しやすさ
4.5
パワフルさ
4
繊細さ
4.5
コスパ
5
総合評価
5

 

本記事のまとめ

ギタリストが選ぶ、エレキギター弦のおすすめランキング、トップ10はいかがだったでしょうか?

エレキギターの弦はメーカーによって、手触りや音色も違うのでぜひいろんな種類の弦を試してみることをオススメします。

筆者もいままでに、おそらく20種類以上は様々なエレキギター弦を試しています。

太さが違うだけでも、けっこう音色が変わるのが面白いんですよね。

毎回、同じ弦を買う必要はないですし、弦自体もそこまで高価ではないのでいろいろ試してみると新しい音楽の発見があって楽しいですよ!

とはいえ、ギター初心者の方は「弦なんて種類ありすぎてよくわからん」って感じですよね。

弦選びの入り口でつまずくと、ギター自体が続かないなんてこともありえます!

弦選びで悩んでいる方はまず、この記事で紹介している弦の中で気になったものを買ってみるのが良いかなと思います!

この記事が弦選びで悩んでいるギタリストのみなさんの参考になれば嬉しいです。

 

最後に・・・

当ブログである「kobalog」ではこんな感じで音楽に関する情報を”楽しく・おもしろく・役に立つ”をモットーに情報発信しています。

またTwitterFacebookでも音楽に関する呟きやぼくの考えについて発信していますので、良かったらフォローしてもらえると嬉しいです。

それでは今日はこのへんで。

素敵な音楽ライフをどうぞ!

 

Amazonで弦を買うなら、かなりお得なAmazonギフト券のチャージ

もしAmazonで購入するなら、Amazonギフト券をチャージしておくことを強くおすすめします!

なぜかというと・・・ギフト券をチャージするだけで、なんと最大2.5%もの還元があるからです!これはすげぇ!

表にするとわかりやすいですね。

一般会員ももちろんお得ですが、Amazonプライム会員はさらにお得になります!!

Amazonプライム会員は本当にメリットありすぎるので会員にならない理由がわかりません。

と、いうわけでどうせAmazonで買い物をするのであれば

  • 先にギフト券をチャージします→そしてチャージしたポイントで買い物をする!

この手順で買い物をするのが間違いなくお得ですぞ

ちなみにぼくもAmazonで買い物をするときは9万円チャージして買い物して〜使い切ったらまた9万円チャージして〜を繰り返しています。

CDや音楽用品〜楽器から生活用品までAmazonで買えちゃうのでやらない理由はとくにないのでは?

Amazonギフト券のキャンペーンページはこちらからどうぞ

Amazonギフト券チャージキャンペーン!最大2.5%還元!