【ROLAND(ローランド)CUBE STREETレビュー】路上ライブで最も使われている電池アンプがやっぱり最強だった件

こんにちは!!

3度の飯よりアンプ好き!!音楽ブロガーのコバヤシです!!

個人的にはギターを変えるよりアンプを変える方が”音”って劇的に変わると思っています。

さて、今回も人気のギターアンプを徹底レビューしていきたいと思います。

今回レビューしたのは路上ライブで使えるアンプとしても定番の「ROLAND CUBE STREET(ローランド・キューブ・ストリート)」です!!

コバヤシ
このアンプは路上ではもちろんのこと、自宅用アンプとしても優れているのでかなり万能型なアンプだと思います。

1台持っておくと練習やライブなどでも活躍できるとても便利なアンプだなぁと改めて感じました。

そんなわけで、本記事では「【ROLAND(ローランド)CUBE STREETアンプ徹底レビュー】路上ライブで最も使用されている電池アンプはやっぱり最強だった件」について書いていきます。

<この記事はこんな方にオススメです>

  • ROLAND(ローランド)CUBE STREETアンプの特徴が知りたい
  • ROLAND(ローランド)CUBE STREETアンプのサウンドや使用感はどんな感じ?
  • 路上ライブや自宅用アンプとしても使えるアンプを探している

ひとつでも当てはまる方は必見ですぞ!!

それではさっそくいってみましょう〜!!

ROLAND CUBE STREET(ローランド・キューブ・ストリート)アンプの外観と付属品

ROLAND CUBE STREET(ローランド・キューブ・ストリート)は電池駆動型のポータブル・ギターアンプになります。

ROLANDの公式サイトでの説明は以下のとおりです。

CUBE Street は、スラント・デザインのキャビネットを採用したステレオ仕様のパフォーマンス用アンプです。軽量/コンパクトなボディながら、サイズを超えた音量感を実現。ギター/インストルメント、 マイク/ライン・チャンネルの2系統を装備し、単3乾電池駆動による長時間使用が可能。好みに合わせて選べるレッド、ブラックの2 色でのラインナップです。

引用:ROLAND公式サイト

カラーはブラックとレッドの2種類があり、どちらもシンプルで万人受けするデザインだと思います。

外でも音が聞こえやすいよう、地面においた時にスピーカーがななめになるよう設計されています。

付属品としてACアダプターも付いてくるので、自宅で使う際はアダプター接続で外で使う場合は電池で駆動するといった感じに使い分けするのが良さそうですね。

別売りですが、専用のキャリングケースをはめればアンプを肩にかけて持ち運びできるので非常に便利です。

※画像はすでにキャリングケースをつけた状態で撮影しています。

このROLAND CUBE STREET(ローランド・キューブ・ストリート)は野外で使用する場面が多いと思います。

なので汚れから守るためにも、あわせてキャリングケースも購入しておいたほうがあとあと良いと思いますね。

重量は5.2kgとこのサイズのアンプにしては軽量なほうだと思います・・・が。

さすがにミニアンプに比べると、持ち運びはしんどいので路上ライブする時などはキャリーカートに乗せて運ぶのが良いでしょう。

路上ライブはマイクスタンドや譜面台などいろいろ持ち物が必要になりますので・・。

ROLAND CUBE STREET(ローランド・キューブ・ストリート)のスペック

スペックは以下のとおり

  • 出力:ステレオ5W(2.5W×2)
  • スピーカー:16cm(6.5インチ)×2
  • コントロール【マイク/ラインチャンネル】:セレクトスイッチ、ボリュームつまみ、イコライザーつまみ(ベース、トレブル)、ディレイ・リバーブつまみ
  • コントロール【ギター、インストルメント・チャンネル】:チューナー・スイッチ、タイプ・スイッチ(INSTRUMENT/JC CLEAN/BLACK PANEL/BRIT COMBO/CLASSIC/R-FIER/ACOUSTIC SIM/MIC)ゲインつまみ、ボリュームつまみ、イコライザーつまみ(ベース、ミドル、トレブル)、EFXつまみ(CHORUS/FLANGER/PHASER/TREMOLO)、ディレイ/リバーブつまみ
  • インジケーター:チューナー、パワー
  • 電源:DC9V ACアダプターまたは単3電池×6本 ※電池使用の場合、アルカリ乾電池を推奨します。
  • 消費電流:235mA
  • 付属品:ACコード、ACアダプター
  • 別売品:フット・スイッチ:FS-5U(BOSS)、FS-6(BOSS)、FS-7(BOSS)、キャリングケース(CB-CS1)
  • 寸法、重量:幅415mm×奥行き295mm×高さ250mm  重量5.2kg

引用:ROLAND 公式HP

ROLAND CUBE STREET(ローランド・キューブ・ストリート)アンプの特徴・使用感とサウンドレビュー

筆者がROLAND CUBE STREET(ローランド・キューブ・ストリート)アンプを使用してみて、気になったポイントや特徴は以下の4点です!!

ポイント

  • 単3電池×6本で最大15時間もの連続使用ができる!
  • カスタム・スピーカーを搭載しており、音がめちゃくちゃ良い!
  • ギターやピアノなどの楽器の音を出しながらマイクも同時に出力できる!
  • 6タイプのバリエーション豊かなアンプサウンドが選べる。しかも、エフェクトも豊富なのが嬉しい!

この4つのポイントが良かったのでひとつずつ説明していきますぞ。

単3電池×6本で最大15時間もの連続使用ができる!

このアンプが路上ライブの定番アンプとなった最大の理由はココにあると思います。

どこにでも売っている単3電池6本で15時間もの間、連続使用が可能なので、電源を確保できない屋外でのライブにはうってつけですよね!

最初に説明しましたが、付属品としてACアダプターもついてくるので、電源が確保できる場所ならアダプター使用もできるのが良いですよね。

3w〜5wくらいのミニアンプも電池駆動できるものが多いですが、屋外で使うとスピーカーが小さいのでどうしても音が聞こえなくなってしまいがちです。

ROLAND CUBE STREET(ローランド・キューブ・ストリート)が人気なのは、しっかりとした音量とサイズ感を持ちながらも電池駆動ができるってとこだと思います。

こういうバランスの良いアンプって探しても意外とないんですよね。

カスタム・スピーカーを搭載しており、音がめちゃくちゃ良い!

コレは本当に驚きました。さすが世界のROLAND社です。

音はこんな感じです。聞いてみてください。

それにしてもこの方、ギターが上手い・・。

このハイクオリティ・サウンドの秘訣は高磁束密度の磁気回路を採用した高効率6.5インチ・カスタム・スピーカーをステレオで装備しているので、出力は2.5W+2.5Wながら迫力ある音量感を出せるのだそうです。

なにやら詳しいことはわかりませんが、クリーントーンからゲインサウンドまで、マジで”音が良い”です。

個人的にびっくりしたのは、このサイズのアンプなのに低音がしっかり出ていること!

路上ライブ、小規模会場でのライブ、個人練習のモニターとしてかなり活躍してくれる1台であることは間違いありません。

ギターやキーボードなどの楽器の音を出しながらマイク(歌)も同時に出力できる!

この点も路上ライブの定番として、多くの弾き語りストから愛される所以でしょう。

ROLAND CUBE STREET(ローランド・キューブ・ストリート)は独立した2系統の入力チャンネルを装備しているので、ギター弾きながらマイクで歌も歌えるってわけです。

もちろんキーボードを弾きながら歌うっていうのも可能ですし、AUX入力もついているのでMP3プレイヤーやスマホで音楽を流しながら歌ったりすることもできます。

スマホやMP3プレイヤーでオケ流しながらギターソロ弾いている路上アーティストも多くいますしね。

しかも、マイクチャンネルにもEQつまみがついているんですよ!

トレブル、ベースの操作とディレイ、リバーブもかけれるので、けっこう本格的な音作りが可能です。

弾き語りをメインで活動している人のことをすごく考えて作られたアンプだなーというのがわかります。

6タイプのバリエーション豊かなアンプサウンドが選べる。しかも、エフェクトも豊富なのが嬉しい!

そしてきわめつけはROLAND CUBE STREET(ローランド・キューブ・ストリート)サウンド・バリエーションの豊富さです!

COSMによるアンプモデリングを6タイプも搭載しており、演奏ジャンルによって音色を簡単に変えることができます。

タイプは(INSTRUMENT/JC CLEAN/BLACK PANEL/BRIT COMBO/CLASSIC/ACOUSTIC SIM)になります。

ぼくはジャズとかブルースを演奏する機会が多いのでBRIT COMBOにしてゲインを低めで演奏するのがお気に入りです。

もちろんEQつまみ(ベース、ミドル、トレブル)もついているので、サウンド・メイキングもしやすいですね。

それと、もうひとつびっくりしたのがエフェクター関連のつまみも意外と充実しています。

なんとコーラス、フランジャー、フェイザー、トレモロ、ディレイ、リバーブの6種類ものエフェクト機能を使用できます。

例えばコーラスかけながらリバーブもかけるっていう感じで同時使用もできるので、組み合わせしだいでは多彩な音作りが楽しめると思います。

しかも普通に音良いっていうね。

しかもチューナー機能もついてるっていうね。

そりゃあ、売れるわけですわ笑

ROLAND CUBE STREET(ローランド・キューブ・ストリート)アンプのレビューまとめ

本記事は「【ROLAND(ローランド)CUBE STREETアンプ徹底レビュー】路上ライブで最も使用されている電池アンプはやっぱり最強だった件」について書きました!

改めて、ROLAND(ローランド)CUBE STREETアンプをレビューした結果、良かった特徴をまとめると以下の通りです。

ポイント

  • 単3電池×6本で最大15時間もの連続使用ができる!
  • カスタム・スピーカーを搭載しており、音がめちゃくちゃ良い!
  • ギターやピアノなどの楽器の音を出しながらマイクも同時に出力できる!
  • 6タイプのバリエーション豊かなアンプサウンドが選べる。しかも、エフェクトも豊富なのが嬉しい!

いやー、改めてレビューしてみると路上ライブで定番のアンプとして人気な理由がわかりましたね。

もうちょっと欲をいえば、このクオリティのサウンドと出力を維持しながらサイズが小さくなって3kgくらいまで軽量になったらマジで最強すぎるアンプになると思います。

音は十分すぎるほど良いので!!

技術的にどーなの?頑張ってください、ROLANDさん!!笑

ここまで、路上ライブに特化したアンプはなかなかないので、この先もROLAND CUBE STREET(ローランド・キューブ・ストリート)アンプは路上ライブの定番アンプとして君臨し続けそうですね。

ROLAND CUBE STREET(ローランド・キューブ・ストリート)を買ったから路上ライブをしてみたい!!という方のために「路上ライブの始め方とは?必要な機材からやり方までイチから説明します」という記事も書いてますのでぜひ参考にしてもらえると嬉しいです。

路上ライブの始め方とは?必要なオススメ機材からやり方までイチから説明するよ!!【弾き語り初心者必見!!】

それでは今日はこの辺で!

最後まで読んでいただきありがとうございましたー!

最後に・・・

当ブログである「kobalog」ではこんな感じで音楽に関する情報を”楽しく・おもしろく・役に立つ”をモットーに情報発信しています。

またTwitterFacebookでも音楽に関する呟きやぼくの考えについて発信していますので、良かったらフォローしてもらえると嬉しいです。

素敵な音楽ライフをどうぞ!

Amazonで”ROLAND(ローランド)CUBE STREET”を買うなら、かなりお得なAmazonギフト券のチャージ

もしAmazonで購入するなら、Amazonギフト券をチャージしておくことを強くおすすめします!

なぜかというと・・・ギフト券をチャージするだけで、なんと最大2.5%もの還元があるからです!これはすげぇ!

表にするとわかりやすいですね。

一般会員ももちろんお得ですが、Amazonプライム会員はさらにお得になります!!

Amazonプライム会員は本当にメリットありすぎるので会員にならない理由がわかりません。

と、いうわけでどうせAmazonで買い物をするのであれば

  • 先にギフト券をチャージします→そしてチャージしたポイントで買い物をする!

この手順で買い物をするのが間違いなくお得ですぞ

ちなみにぼくもAmazonで買い物をするときは9万円チャージして買い物して〜使い切ったらまた9万円チャージして〜を繰り返しています。

CDや音楽用品〜楽器から生活用品までAmazonで買えちゃうのでやらない理由はとくにないのでは?

Amazonギフト券のキャンペーンページはこちらからどうぞ

Amazonギフト券チャージキャンペーン!最大2.5%還元!